保冷剤のリサイクル☆アロマ芳香剤作り☆

市内の小中学校は3月上旬から休校でしたが、

今週は久しぶりに登校日がありました。

宿題を提出して、新しいのをもらってくるだけの短時間でしたが、楽しかったみたいです。

そして、歩いたので、

「筋肉痛になった。」

そうです。

まだまだStay Homeがんばりましょう。

暇すぎる子どもが久ぶりに見つけたのは、

子ども部屋のベッドの下に隠れていた、カラカラに乾いたアロマ芳香剤。

「新しくしてー」と言われたので、

中身を新しくしました!

ジェル状の保冷剤に精油をまぜるだけで完成です。

ケーキを買った時などにもらえる保冷剤の中身を出して、精油を何滴か混ぜて完成です。

ようじや竹串で簡単に混ぜてOK。

精油の滴数は、香りの強さなどで調整してください。

とりあえず製菓用の食用色素も入れてみました。

香りは、わが家ではヒバ精油を入れています。

昨年の夏に青森県に旅行に行った時に、サービスエリアで青森ヒバ精油を見つけてから使っています。

1本¥500くらいで、さすが産地で買うと、たっぷり入っていてびっくり。

ヒバ精油は虫よけや抗菌作用が有名なので、嬉しいお買い物でした。

旅行から帰ってしばらくした頃、ちょうど家に虫が入ってきて、

ギャーギャー騒ぎになり、怖くて眠れないーと言っていたので、

ヒバの香りを置けば虫よけになるから大丈夫。

と言ってはじまったのが、今年もまた復活です。

ヒバ精油の香りはかなり強くて、最初、原液で嗅いでしまった子どもは頭痛がするって言っていましたが、

今回のように、ジェル状保冷剤に混ぜて薄めることで、ちょうどよい強さになり、

気に入ってもらえて、

今や、リクエストもらうほどになりました。

家にあるものを使って手作りは、気軽にできるし楽しいです。

わいわい作って、仲良く過ごしています。

ご自宅で作る場合ですが、

プラスチック製の容器には精油で溶けやすいものもあるので、

ジャム瓶などガラス製のものを使うことをおすすめします。

精油は植物の芳香成分の原液です。刺激が強いので直接手で触れないようにしましょう。

また、ヒバ精油に虫よけ作用があっても、

私自身は、一般的に販売されている虫よけ(お部屋用、肌用)も状況に合わせて使用します。

適材適所だと考えています。

アロマは自然の成分を生活に役立てるという意味で、

上手に取り入れてみるとよいと思っています。

さて、オンライン講座継続中ですが、

徐々に、直接お会いしての講座も再開できるかと思います。

ぜひ生活に役立つアロマテラピーのレッスン。お待ちしています。

詳しくは、ホームページでご案内しています。

どうぞよろしくお願いいたします!!

>>アロマ資格コース

投稿者: Kobayashi Kayoko

ライブラ香りの学校福島校講師 化粧品総括製造販売責任者 AEAJ認定アロマセラピスト AEAJ認定アロマテラピーインストラクター